架空請求メール

慌てずに冷静に対処する

本当に払うものか確認をする必要してから払うようにしましょう。

払ったらずっと請求が来てしまう

出会い系サイトを利用している人の中にはあまりインターネットに詳しくない人も当然利用しています。インターネット時代と呼ばれていますが、仕事上携わらない人からしてみれば大体携帯などもゲームアプリとかラインでコミュニケーションを取ったり、SNSぐらしいか利用しないという人のほうが多いです。

そんな中で出会いを求めて30年近く利用されている出会い系サイトは本当に素晴らしいツールといえますが、やはりインターネットに詳しくない人が騙されてしまうのが架空請求メールです。

出会い系サイトに登録をしたらいきなり長文で難しい内容のメッセージでお金を払うように催促されてしまったとことがあります。

強制徴収だったり、最後通告などの一瞬ギョッとする様な内容のメッセージが届いたらインターネットにたとえ詳しい人であろうともびっくりしてしまいます。

特にご年配の方はこういった請求メールがきたらとりあえず払ってしまうという人が多く騙される人も多いです。

一度でも支払ってしまったらそれからは定期的に支払いメールが届くようになってしまいますので気をつけるようにしましょう。

またメールの文章の最後に支払先などが書かれていますのでインターネットで検索をして調べて見ましょう。悪徳業者の迷惑メールのため支払ってはいけないと書かれています。

本当に払わなくてはいけないものというは最終的には書面で届きますし、きちんと個人名で書かれています。

身に覚えが無いものは絶対に支払ってはいけませんし、不安な人は生活消費者センターに相談をしましょう。簡単に支払ってはいけません。

↑ PAGE TOP